マンション裏の目と耳と

本音で書く、マンション広告事情とALL情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WEB時代のチラシ広告(1) 

WEB全盛の感がある。いわゆる物件サイトを経由して販売
センターを訪れる人がここまで増えてくると、マンションを広
告するとき、WEBを核とするべきだという意見が大勢を占め
てくる。総論としては正しい気もするが、はたしてそう言い切
れるだろうか。

WEBが核なのだから、チラシなんかB5~A4サイズの単色
刷りで充分で、「詳しくはWEBで」とやっておけばいいという
意見も、そこから出てくるわけだが、しかし、B2サイズのビ
ッグチラシは一向に減らず、実際データをとってみても、B2
の入った週末、来客が増えるという傾向は否定できない。

チラシやポスターなどの純広告は、ファーストコンタクト(物
件の存在を最初に知る入り口)であり、ほかに入り口として
は、フリーペーパーなどもあって、それらから物件サイトへ
とび、最終的に販売センターに行ってみる気になる・・・とい
ったような考え方だが、だからといってWEBこそがこれから
のマンション広告だなどと言われると、首を傾げてしまうん
ですよ。

ユーザーとは、つまり素人さん。チラシに書かれた一行の
コピーやデザインから、物件を想像し、同時にデベロッパー
の資質・企業文化・センス・それらデータにならないイメージ
を感じているわけで、これがプラスかマイナスかの評価が、
決定的に大きいわけですよ。プラスだから「信頼できそうだ」
と感じて行動に結びつく。

チラシを信じるなと言われる。モデルルームを鵜呑みにする
なと言われる。パンフレットもそうだし、販売員の言葉もそう
だし、そうなると、では何を信じるかなんですよ。
第一印象の「よさそうじゃん(物件とデベへの印象)」、ここの
ところがないと、人って動かないものなんですね。
広告裏事情 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンタ
オンラインカウンタ
現在の閲覧者数:
目的の記事へこちらから。
記事が長くなってしまい1ページ毎の記事数が限られます。下のリストから読みたい記事へ直接どうぞ。↓
記事一覧
コメント
カテゴリー
プロフィール

Author:TORA



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。